?

軽くて丈夫なアルミ丸棒を使えば部屋の中もすっきり片づく

軽くて丈夫なアルミ丸棒を使えば部屋の中もすっきり片づく

人々の食生活を支えている様々な金属材料

ドリルで加工する

食事を摂るときに使うお皿やコーヒー用のカップなどは、大半が陶磁器などの焼き物製品です。ところが調理をする場面に目を移してみると、フライパンなどは金属材料で出来ています。したがって人々が健康的な食生活を送る上では、質の高い金属製に調理器具の役割が非常に大きいと言えます。また長期保存が可能な缶詰も金属材料で出来ており、大地震などの災害時にも頼りになる存在です。更に学校や職場で食事をするときには、缶コーヒーなどを飲むことが多いです。
コーヒー用の缶はスチール製のことが多いですが、缶飲料全体でみるとアルミニウムのシェアが高まっています。鉄もアルミニウムも再利用可能な金属材料ですが、特にアルミ缶のリサイクルが盛んに行われています。またアルミ缶とスチール缶を一緒に捨てた場合でも、磁石を使って鉄とアルミを分別することが可能です。
そのために空き缶のリサイクルは効率的に行われており、金属材料の中でも特に再利用率の高いカテゴリーに属しています。また食生活の洋風化に伴って、お箸よりもナイフやフォークを使う機会が増えています。ナイフなどの洋食器も金属製であり、国内の工場でも質の高いスプーンなどが製造されています。

UPDATE ARTICLE

2020年12月15日
金属材料の1つであるアルミニウムの持つ特性を更新しました。
2020年12月15日
金属材料であるアルミマグネシウム合金の特徴とは?を更新しました。
2020年12月15日
人々の食生活を支えている様々な金属材料を更新しました。
2020年12月15日
金属材料別に見る素材の特徴と利用目的を更新しました。