?

軽くて丈夫なアルミ丸棒を使えば部屋の中もすっきり片づく

軽くて丈夫なアルミ丸棒を使えば部屋の中もすっきり片づく

金属材料別に見る素材の特徴と利用目的

トイレの収納棚

身の回りを見れば、金属製品があらゆるところに使われていたりします。家電製品に使われている電子基板も、それを作る時にはんだ付けが行われますが、そのはんだは合金です。ですから、ほとんどの家電製品で金属材料が利用されています。また、はんだの場合は鉛とスズが使われていますが、金属の種類はそれだけではなく、50種類以上も様々な特性を持つ金属が存在し、それらを組み合わせた合金に至っては更に増えます。物作りにおいては、金属材料なしには語れない部分もありますので、なにかものを作る予定の方は金属材料について理解を深めましょう。
特に一般的によく使われる金属材料の例として銅、マグネシウム、チタン、アルミニウムなどがあります。銅は電線ケーブルなどでよく使われますし、マグネシウムはパソコンなどの精密機器でよく使われることが多いです。そして、一円玉の材料としても使われるのがアルミニウムで、アルミニウムは一円玉以外にアルミホイルやビール缶などにも使われたりします。なぜ缶ビールに、アルミニウムが使われるかというと、それはアルミニウムが軽量、加工しやすい、錆びにくいという3つの特徴を持っているからです。金属材料の性質をうまく利用することで、製品が更に良くなりますので、物作りに携わっている人は金属材料に注目です。

UPDATE ARTICLE

2020年12月15日
金属材料の1つであるアルミニウムの持つ特性を更新しました。
2020年12月15日
金属材料であるアルミマグネシウム合金の特徴とは?を更新しました。
2020年12月15日
人々の食生活を支えている様々な金属材料を更新しました。
2020年12月15日
金属材料別に見る素材の特徴と利用目的を更新しました。