?

軽くて丈夫なアルミ丸棒を使えば部屋の中もすっきり片づく

軽くて丈夫なアルミ丸棒を使えば部屋の中もすっきり片づく

アルミ丸棒は身近なところで使いやすいのが特徴

家具のないリビング

アルミ丸棒と聞くと何をイメージするでしょうか。金属材料の中でも、アルミは特に加工しやすく、かなり軽量であるので使い勝手がとても良いです。身近なところだと、アルミホイルや1円玉などに使用されています。強度はあまり高くなく、溶接もしづらいのが欠点ですが、それを加味しても有り余るぐらい使いやすい金属です。
丸棒は管とは違い、中までしっかりと素材の詰まった棒です。コンクリートの中に鉄筋が入っている物を見たことがあると思いますが、その鉄筋のイメージに近いです。丸棒はさらに綺麗な円筒形の棒です。アルミ丸棒は既に形成された金属材料の丸棒で、ホームセンターでもいつくかの径が安価に取り扱いされています。軽量性や加工性の高さから、補修やホビー・DIYなどの用途に使用されています。曲げ加工や切断も簡単な工具で容易にできるため、好みの大きさの取っ手や持ち手などを加工して作ることもできます。強度の問題があるのであまり強い力がかからない場所にした方がいいですが、一応金属材料ではあるので、ある程度の強度は確保できます。木材などと組み合わせて、ブックスタンドやCDスタンドなどの一部として使用するのも良いと思います。アルミ丸棒を使いこなして、DIYライフを充実させましょう。

アルミ丸棒は軽量で耐久性に優れる金属材料

優れた軽量性と大変質製で様々な用途に使用されている金属材料「アルミ」を丸棒形状に整形したものがアルミ丸棒です。アルミ丸棒は最小直径3ミリから規格化されており購入時は用途に合わせてちょうどいい規格サイズを購入して使用します。
柔らかいアルミ丸棒は加工がしやすく自由自在に形成できるのが特徴です。棒状のまま圧力を加えるだけで変形しますが実用として十分な耐久性は損なわれずそのままなので様々な用途に使えます。アルミ丸棒をそのままフレームに使用するケースも多く見られます。
アルミを素材として利用する場合にもアルミ丸棒が選ばれます。アルミ丸棒をスライスし小分けすれば金属材料としてちょうどいいサイズになります。板材からの打ち抜きでは加工が難しい部品などはアルミ丸棒を原料に製造されています。
アルミ丸棒はサビは腐食の心配がありません。非常に安定しているアルミは長期間保存しても劣化しにくいので保管場所を選ばずどこでも大丈夫です。保管コストが安いので大量仕入れにも向いています。
以前は産業用などプロ向けの金属材料でしたが近年はホームセンターでも手軽に入手できることからDIYの素材としても使われています。安定性が高く丈夫なため加工に手間がかかりますが上手に使えばとても便利な金属材料です。

アルミ丸棒は加工しやすいため他の形に変えやすい

金属材料の中でも非常に身近な存在としてなじみ深いのが「アルミ」です。もとはアルミ丸棒やアルミ板などの形状で、そこから加工することにより、アルミ丸棒や板のほかにもさまざまな形状になります。アルミを金属材料として使用しているものと聞いて、最初に思い浮かぶのが一円玉です。消費税導入移行急激に使う機会が増えた一円玉は純粋なアルミニウムで作られています。他の効果に比べると軽量で特徴的な銀色が目立つ一円玉出始めてアルミを意識したという人も多いと思われます。
日本人にとっては一円玉でなじみ深いアルミですが、実はアルミを使って製造されている硬貨というのは世界的に見ても非常に珍しく外国人の多くは一円玉を見て驚きます。というのも一円玉の重量はわずか一グラムしかなく効果としては非常に軽量です。あのサイズでたったの一グラムしか無いのはアルミ独特の軽量性によるものですが、重みがあるのが当たり前の硬貨の中にあって一円玉の軽量性に驚くのは当然の反応です。
アルミのもう一つの特徴が価格です。アルミは加工用の金属材料としてはとても高価です。貴金属やレアメタルに比べれば安いのですがそもそも加工に使う量が違うため比較するのは適切ではありません。同じような用途に用いられる銅や鉄に比べるとアルミの価格は高く、一説には一円玉の製造原価は一円以上かかると言われるほどです。それでもアルミニウムがアルミ丸棒や硬貨など幅広く用いられるのは優れた特性ゆえです。

【イーメタルズ】ならアルミ丸棒を簡単に購入することができます。サイズごとに注文ができる点も魅力ですので、ひいきにできる通販サイトと言えるでしょう。

UPDATE ARTICLE

2020年12月15日
金属材料の1つであるアルミニウムの持つ特性を更新しました。
2020年12月15日
金属材料であるアルミマグネシウム合金の特徴とは?を更新しました。
2020年12月15日
人々の食生活を支えている様々な金属材料を更新しました。
2020年12月15日
金属材料別に見る素材の特徴と利用目的を更新しました。